地球温暖化対策、リサイクルを身近に考える情報サイト

>

ますます注目される地球温暖化対策

CO2を削減!再生可能エネルギー

生活を便利にするために欠かせないエネルギー。機械の燃料等に使われる化石燃料はCO2を排出してしまいます。でも化石燃料が使えないと生活は不便に。
そこで考えられたのがエネルギーの再生です。
今後を期待されているのが、ごみの焼却処理熱を利用して作るエネルギーです。焼却処理でCO2が発生することが問題となっていましたが、その熱を利用して発電することができるようになりました。この利用でCO2を削減することができます。
廃棄物や生ごみ等も利用できるためごみ問題も解消できそうですが、まだ対応できる施設が少ないようで、今後増えていくことが期待されています。

CO2を排出せず、自然から発電できる風力発電・太陽光発電もありますが、これらは天候によって発電量が変化してしまうため、メインの電力源としては不向きです。
ですが、条件が合えば非常に有効な発電システムであるのも事実です。この欠点をどう改善するかがカギとなります。

最新「カーボンリサイクル」とは?

「カーボンリサイクル」はご存知でしょうか。カーボンは炭素という意味です。このカーボンリサイクルとは、CO2をエネルギーとして利用するという新しい考えのことです。
「CO2の排出量が吸収される量より上回ってしまい、吸収されなかったCO2が年々増加していることが問題になっている」と書きましたが、このリサイクル方法が確立されれば、残ってしまうCO2を大幅に減らすことができ、この問題が大きく改善される可能性があります。
そして、新たなエネルギー資源を得ることにもなります。
原子力発電所の停止が求められていても、停止後の発電方法が確立されず進展しないこの問題が、カーボンリサイクルで電力が賄えるようになるとしたら、もしかしたら原子力発電所の停止が可能になる日が来るかもしれません。

カーボンリサイクルの試みは始まったばかりで、利用方法等はまだ未知の分野です。
ですが、大きな期待が持てるものであると言えるでしょう。


この記事をシェアする